お知らせ

2020.07.22

変わるご自宅でのご供養のかたち

こんにちは。
仙臺納骨堂スタッフの渡邉です。
 
梅雨冷えで肌寒い今日この頃ですが
健やかにお過ごしでしょうか。
 
宮城県内でもコロナウイルスの陽性者が
また次々と出てきております。

わたしたちもそれぞれ、
これまでと同様に気をつけて参りましょう(>_<)
 
さて、皆さま『手元供養』について
耳にされたことはございますか?
 
『手元供養』とは、
故人さまのご遺骨をご自宅で保管し、
ご供養をすることをいいます。

「故人さまを身近に感じたい」「いつも見守っていてほしい」
そういった願いから手元供養を選ばれたというお客さまの声を多くお聞きします。
 
さらに最近では、親世帯と子世帯が離れて暮らす家族が多く、
都市部ではマンションなどにお住まいで
仏間や大きな仏壇を持たない方々も多くいらっしゃいます。

従来の仏壇の代わりに、
ガラスや木で作られたステージを小さな仏壇に見立て
写真立てやお位牌、ご遺骨を納めた小さな分骨ポットを置いて
ご供養をされることや、
ご遺骨でアクセサリーやダイヤモンドを作られることも珍しくはありません。

このたびのコロナウイルスの流行などで、
なかなかお墓参りに行かれるのが難しい中でも
『手元供養』なら、
いつでもご自宅で手を合わせて故人さまを想うこともできますね。
 
また、仏具(お位牌など)も旧来の伝統的なタイプだけではなく
おうちの雰囲気に合うような現代風のタイプを選ばれる方も増えてきており、
ご自宅でのご供養のかたちも変わってきているように感じます。
 
そこで、本日は当館(渡邉)おすすめの
『手元供養商品』と『お位牌』について、ご紹介いたします。




 
①持ち運べるお位牌「掌~たなごころ~」





 
「掌~たなごころ~」の
左上のお写真は入れ替え可能になっており、
お写真の下のプレートの中にはご遺骨を少量おさめることができます。
そして、右のストーン部分にはご戒名や言葉を彫刻できます。
 
また、
★プレート(お骨をが入る部分のふた)のお色
★プレートの文字の刻印のフォント、
★ストーンの種類、彫刻のお色
をそれぞれ、数種類の中からお選びいただくことができますので、
選択の自由度が高く、オリジナルの「掌~たなごころ~」を
オーダーしていただけます!!
 
持ち運びのできる手のひらサイズで、
見た目にもとてもかわいいお品物です(*^_^*)
(専用の布製ケースが付属しており、
ご旅行などに一緒に行けますね!)



 
②竹位牌「紡」(つむぐ)



お位牌というと、
皆さま黒い漆塗のものを想像される方が多いと思いますが、
こちらはなんと!竹でできております)^o^(
珍しいですよね♪



春日 3.5寸(高さ 約17cm)


二重呂門 禅 4.0寸(高さ 約19cm)
 
竹は日本人の生活にかかせないものであり、
古来より清めの力や癒しの力があると信じられ
家の囲いや神仏を祀る際に用いられてきました。
 
竹林に入ると気持ちが落ち着くのも、
竹のそういった効果がもたらしてくれるのかもしれません。
 
この竹位牌の優しいお色が
わたしたちの気持ちも
不思議と穏やかにしてくれるように感じます(^_^)
 
また、竹位牌「紡」(つむぐ)は
おうちのインテリアともなじみやすいので、
現代のライフスタイルに合ったお位牌だと思います。
 
しかし…
竹位牌「紡」(つむぐ)は、残念ながら
2020年12月末までの生産となります…(>_<)
 
わたし個人的にも
竹のお位牌はめずらしく、温かい雰囲気がとても素敵なので、
是非多くの皆さまにお手に取っていただきたいです。
気になる方は、ぜひお早目にご検討くださいね☆
 
その他にも、
様々な『手物供養商品』と『お位牌』を取り扱っておりますので、
ご興味がある方は是非、渡邉までお声掛けくださいね(*^_^*)

 




当館では、ひき続きコロナウイルスの感染拡大防止のため

・消毒用アルコールの設置
・スタッフのマスク着用
・ドアノブ、テーブル等の除菌


以上の取り組みを続けて参りますので、
引き続き、
皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。
 
県内でもコロナウイルスの陽性者が少しずつ増えてきておりますが、
お墓さがしの先送りはあまりおすすめできません。
 
密を避けるため、
ご案内には配慮をしておりますので、
ぜひご予約の上、ご見学にいらしてくださいね>^_^<

 
☎フリーダイヤル☎
0120-70-5980
 

見学会・墓じまい相談会開催中
完全予約制

ご予約の無いお客様は対応いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください

見学会・相談会のご予約はこちら

フリーダイヤル 0120-70-5980

ページの先頭へ