お知らせ

2021.05.01

『墓じまいガイドブック』進呈いたします☺

こんにちは。
仙臺納骨堂スタッフの渡邉です。

 
先日、所用で、多賀城~七ヶ浜方面に行って参りました。
多賀城は、当館の横を走る仙石線で、
当館の最寄り駅の陸前高砂駅から下り方面に2駅先のエリアです。

 
その日は少し風が吹いていたのですが雲ひとつない快晴で、
とても気持ちがよかったです!(^^)!

 

(多賀城駅前広場のモニュメントです♪)
 

日が長くなり、
春から初夏に向かう季節は、
なんだかわくわくしますよね(^_-)-☆


 
コロナ禍であまり外出が出来なくなってしまったいま、
お家で過ごす生活の中に楽しみを見つけたり、
不要な物を手放すことで、
物とともに気持ちも整理し、
本当に大切なものに目を向けるようになった、
という声が、最近では多く聞かれるようになりました。

 
外より内に意識を向ける機会ができて
【我が家のお墓】について、
真剣に考えていらっしゃる方が多く、
当館でも、
ご相談のお客さまが増えています。

 
なかでも、
故郷のお墓へなかなか行けず、
『墓じまい』について、
考えてはいるけれど、つい先延ばしにしてしまっている。。
まずは具体的に何からはじめたら良いのか。。
と、思いを巡らせているお客さまが多いように感じます。

 
 
わたしは先日、
『ある晴れた日に、墓じまい』堀川 アサコ【著】(角川文庫)
という本に出会いました。

 

 
本の帯の文言がとても印象的ですよね!
 
この本は、
主人公が、
自身の死の恐怖に直面したことをきっかけに、
実家の『墓じまい』を思い立ち、
頼りにならない兄との関係、父の急死など
様々なできごとを乗り越えながら
『墓じまい』を遂行していくというストーリーです。

 
一見、『墓じまい』は
ハードルが高い?
ご先祖さまに申し訳ないのでは?
と思われがちですが、
このお話を通して、わたしは、
『墓じまい』はご先祖さまや故人さまへのご供養の一環であり、
家族を想う優しい気持ちが込められているのだということを
改めて感じることができたので、
読み終えたあと、清々しい気持ちになりました(^^)/

 
本の内容については、
またこちらのブログで、
紹介していきたいと思っています(*^^)v

 
 
只今、当館では
『墓じまい』をご検討中のお客さまへ
『墓じまいガイドブック』を
進呈しています。


 
コロナ禍だからこそ、
大切な【我が家のお墓】について、
ご家族で話し合われるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 
資料請求の際には、 
『墓じまいガイドブック』をご希望の旨を
お電話・メールでお気軽にお申し付けください。


 
 
お墓のマンション見学会・墓じまい相談会は随時開催しております。
お気軽にお電話でご予約ください。
フリーダイヤル
☎0120-70-5980
 
メールでのお問合せはこちらから
 
※感染拡大防止のため、ご見学・ご相談は完全予約制となります。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
宮城県・仙台市の永代供養は「仙臺納骨堂」
終活や墓じまい(お墓の引っ越し)のご相談もお任せください
 
-お墓のマンション- 室内墓所
仙臺納骨堂[経王寺室内御廟]
 
【住所】宮城県仙台市宮城野区福室3-1-2
【電話】フリーダイヤル ☎ 0120-70-5980
【開館時間】:8:30~17:30 【無休】
【HP】https://sendai-nokotsudo.jp/
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

見学会・墓じまい相談会開催中
完全予約制

ご予約の無いお客様は対応いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください

見学会・相談会のご予約はこちら

フリーダイヤル 0120-70-5980

ページの先頭へ